現場レポート

時計遺伝子と朝食の重要性

こんにちはMC加圧トレーニングの田中です。

ダイエット関連のブログになります。

 

ダイエットと調べると様々な方法が出てきますが、私個人としては一日2食から3食、

しっかり食べて痩せることが一番健康的な方法だと思っています。

 

3食の中でも時間が無かったり、食欲が無いなどの理由で朝食を抜きがちな方も多いと思います。

今回は時計遺伝子からみた朝食の重要性について紹介します。

時計遺伝子とは、タンパク質の一種で脳をはじめとする身体の組織に存在します。「朝になったら目覚め、夜になったら眠る」というサイクルは朝を数時間前から予測して、眠っている身体を昼間の活動に向けて整えるためです。祖先が進化する過程で、遺伝子の中に時計が組み込まれ、それによって一日のリズム、つまりは約25時間の概日リズムが刻まれるようになりました。

 

この時計遺伝子には中枢時計遺伝子と末梢時計遺伝子の2種類あり、よく「朝日を浴びると良い」と言われますが、これは中枢時計遺伝子のことで、朝日を浴びることで25時間刻みのリズムで動く中枢時計遺伝子が24時間にリセットされます。

 

2つ目の末梢時計遺伝子は筋肉や臓器などの全身の細胞にあります。こちらは独自のリズムを刻んでおり、これも24時間周期にリセットする必要があります。

 

その方法が朝食をとることです。

 

朝日を浴びて中枢時計遺伝子が活動を始めると、いろいろなホルモンや酵素が分泌され、体内に栄養素が入ってくるのを待っています。朝食を食べないと栄養素が入ってこないので分泌されたホルモンや酵素が活用されず、身体の代謝バランスが乱れるため、代謝が悪くなり太りやすくなります。

 

朝食に何を食べれば良いのか。

理想は炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど栄養バランスの取れた食事ですが、

難しい方は、「炭水化物+タンパク質」の両方を摂取することでも末梢時計遺伝子を活性化させることができます。

 

例えば、卵かけごはん。米が無い方はパンと目玉焼き、またはスクランブルエッグなど、

簡単で少量の炭水化物とタンパク質の摂取から始めてみると良いと思います。

 

 

朝日を浴び、上記のような朝食を食べて体内時計が正常にリセットされた日は、

そうでない日に比べて、消費エネルギーが2倍も高くなるようです。

 

朝食を取らなくなってから太り始めた、体の調子が良くない方には該当する可能性がありますので、

ダイエット方法の一つとしてオススメします。

2022年9月20日1:45 PM MC加圧staff