現場レポート

ダイエット~有酸素運動と筋トレ先に行なうのはどっち?~

 

ダイエットを行なうにあたってこんな疑問を思ったことありませんか?

「ダイエットをするには筋トレと有酸素運動どちらを先に行なうと痩せやすいのか?」

「先に筋トレを行なう方が痩せやすい」と言う人もいれば、「有酸素を先に行なう方が痩せやすい」と言う人もいます。

さて、どちらを先に行なった方が良いのでしょうか?

 

 

まずは、筋トレと有酸素運動のダイエットに対する効果から考えてみましょう。

筋トレのダイエットに対する効果としては様々ですが、脂肪分解ホルモンの分泌が重要だと思います。

筋トレを行うことで、まず、アドレナリンと成長ホルモンが分泌されます。

この2つのホルモンが脂肪を分解して燃えやすい状態にしてくれるので、筋トレ後は代謝が高まり脂肪がエネルギーとして利用されやすい状態となります。

その他にも筋トレを行うことで筋肉量が増え、基礎代謝が上がり、基本的な消費エネルギー量が増えるので太りにくい身体になります。

 

 

有酸素運動のダイエットに対する効果としては、ダイレクトに脂肪燃焼を行ないます。

有酸素運動で主に使われる筋肉は遅筋と呼ばれる筋肉です。この筋肉は脂肪をエネルギーとして使用しています。

つまり、有酸素運動では体内の脂肪がエネルギーとして消費されていると言うことになります。

 

まとめると、

筋トレ・・・アドレナリン・成長ホルモンの分泌、筋肉をつけて基礎代謝の向上

有酸素運動・・・脂肪燃焼をダイレクトに行なう

という感じになります。

 

 

では、筋トレと有酸素それぞれ先に行なった場合の違いは何があるでしょうか?

 

筋トレを先に行なった場合

筋トレによってアドレナリンや成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは筋肉の成長を促し、脂肪の分解を促進させる働きがあると言われています。

よって身体に蓄積されていた体脂肪がエネルギーとして消費されやすい状態となります。

そこに有酸素運動を行うことで効率よく脂肪をエネルギーとして消費することが出来ます。

 

先に有酸素運動を行なった場合

有酸素運動によって脂肪燃焼はダイレクトに行えますが、有酸素運動の後に筋トレを行なおうとしても先に有酸素運動でエネルギーを使っているので、筋トレに使うエネルギーが少なくなります。

よって、筋トレによって分泌されるアドレナリンや成長ホルモンの分泌が低下すると言われています。

 

 

最後に、「ダイエットをするには筋トレと有酸素運動どちらを先に行なうと痩せやすいのか?」ですが

ダイエットの効果を高めるのには、先に筋トレを行ない、その後有酸素運動を行なうのがベストだと思います。

 

是非皆さんもダイエットの効果を高めるために試してみてはいかがでしょうか?

2017年11月6日2:53 午後 MC加圧staff