現場レポート

高タンパクな野菜

 

ダイエットには、トレーニングだけでなく食事面での管理も大切です
特に栄養素の中でもタンパク質の摂取はとても重要です
タンパク質を摂取し、筋肉をつけることで基礎代謝が向上し、太りにくい身体を作ってくれます
 
タンパク質の摂取ではプロテインを飲むことや、お肉や卵等の動物性タンパク質を取る等
ありますが、穀物や野菜等から植物性タンパク質を摂取するのはいかがでしょうか?
穀物や野菜なのでもちろんヘルシーですし、普段の食事に加えることでより良く
バランスのとれた食事にできますね
女性や、食事がお肉や魚に偏っている方にもオススメです
100gあたりのタンパク質量の数値で比較してみます。
 
植物性タンパク質で代表的なものでは、きな粉→35.5g、焼きふ→28.5g、

落花生→26.5g、納豆→16.5gとうがらし→14.7g、キヌア→14g、枝豆→11.5gです。
動物性タンパク質で代表的なものでは、するめ→69.2g、マグロ(赤身)→26.4g、
カツオ→25.8g、鶏ささみ→23gです。
植物性タンパク質にもタンパク質量の多い物がけっこうあります
 
ほとんどの食品が日常で目にするものですね
調理なども簡単な物が多いので是非試してみてはいかがでしょうか?


2015年4月27日3:59 PM MC加圧staff

 

最新記事一覧

2017年9月21日
加圧トレーニング腰痛予防のエクササイズ②
2017年9月20日
加圧トレーニング腰痛予防のエクササイズ①
2017年9月19日
加圧トレーニング体型維持は若いうちから!
2017年9月17日
お知らせ9月の臨時休業日のお知らせ
2017年9月16日
加圧トレーニングトレーニング後のカラダのケア