現場レポート

トレーニングの周頻度

1週間のトレーニング回数を週頻度といいます。トレーニングは、超回復期に行うのが効果的であり、同一の筋力トレーニングは毎日行うより、週に2~3回行うのが良い。週4~5回行う場合は、日によって鍛える筋群を変える(スプリットルーティン)ことが必要です。超回復が起こるのは、トレーニングを実地した後の栄養・休養が適切であれば、48~72時間後とされているので、周頻度は2~3回が妥当です。短すぎるトレーニング間隔ですと、筋疲労が蓄積されオーバートレーニングに陥ります。筋肉は使いすぎると萎縮してしまいます。人間の機能は、使わなければ退化し、適度に使えば発達、使いすぎると萎縮してしまうので、自分自身に合ったトレーニング頻度を決定しましょう。


2016年10月16日5:19 PM MC加圧staff

 

最新記事一覧

2017年9月21日
加圧トレーニング腰痛予防のエクササイズ②
2017年9月20日
加圧トレーニング腰痛予防のエクササイズ①
2017年9月19日
加圧トレーニング体型維持は若いうちから!
2017年9月17日
お知らせ9月の臨時休業日のお知らせ
2017年9月16日
加圧トレーニングトレーニング後のカラダのケア